ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(9月4週目その1)

動員7位:「ジャージー・ボーイズ」(ワーナー)<1週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】  3億円台
【公開規模】 143スクリーン
5.4千万円(54,002,700円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは7千万円程度か』と書いたので、予想よりも低かった。
スクリーン数も少なく、題材的にも仕方のない結果か。

ブロードウェイミュージカルの映画化。
クリント・イーストウッド監督作品。
アメリカでは有名なミュージカルだと思うが、全米で47百万ドルしか稼げなかった。
扱われているフォー・シーズンズというバンドも日本ではそれほど著名というわけではないだろう。日本でもヒットはしないと思うと公開前に書いたとおりとなりそうだ。

クリント・イーストウッド監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆04年「ミスティック・リバー」10.0億円
OP1.4→3.8→5.2→6.8→7.9
☆05年「ミリオンダラー・ベイビー」13.4億円
OP1.8→5.4→8.0→10.0→不明→12.2
☆09年「チェンジリング」トータル12.8億円
金2.3→06.5→09.1→11.0→12.1→12.4
☆09年「グラン・トリノ」トータル11.0億円
OP1.3→04.6→07.7→09.0→09.8
☆10年「インビクタス/負けざる者たち」トータル8.6億円
金1.6→04.3→05.8→06.9→07.7
☆11年「ヒアアフター」トータル7.0億円
OP1.7→04.6→06.2→06.9
☆12年「J・エドガー」トータル3.6億円
OP0.8→02.0→02.7
☆14年「ジャージー・ボーイズ」
OP0.5千万円→
公開前に『良くて「J・エドガー」と同程度というところではないか』と書いたとおりとなりそうだ。
主要作品との対比で考えると、「ジャージー・ボーイズ」の興行収入は2.3~3.7億円となる。
クリント・イーストウッド監督という知名度だけでそれなりには稼ぐだろう。
「ジャージー・ボーイズ」の興行収入は3億円台と予想したい。
公開前個人予想は3億円台だったので当たりそうだ。
「J・エドガー」と同程度と予想がつくので、誰でも分かるだろう。



動員10位:「劇場版 零 ゼロ」(角川)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】  1億円台
【公開規模】 133スクリーン
2.7千万円(27,265,200円)のオープニングを飾った。
中条あやみ、森川葵主演のホラーゲームの実写化らしい。
あまり気になる作品ではなく、予想をしなかった。

ホラー系の興行収入は以下のとおり。
☆12年「貞子3D」トータル13.5億円
OP2.5→6.2→8.8→10.7→12.0→12.8→13.2
☆12年「アナザー Another」トータル5.8億円
OP0.8→2.6→4.4
☆13年「クロユリ団地」トータル10.2億円
OP1.5→4.2→6.2→7.7
☆13年「貞子3D2」トータル7.2億円
金2.0→4.1→5.4→6.4→6.9
☆14年「劇場版 零 ゼロ」
OP0.3億円→
これらとの対比で考えると、「劇場版 零 ゼロ」の興行収入は1.6~2.2億円となる。
伸びるとは思えないので、「劇場版 零 ゼロ」の興行収入は1億円台と予想したい。
ヒットできる作品ではないので、仕方がないだろう。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。