ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(10月1週目その4)

4位:「猿の惑星:新世紀(ライジング)」(20世紀フォックス)<3週目>
【公開前個人予想】 20億円台
【現時点での興行収入予想】 15億円台
【公開規模】 700スクリーン(先週比-12スクリーン)
※2D、3Dがあるので実際の劇場数はもっと少ないはず。
9.4千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定10.8億円弱となっている。
1週間の伸びは2.4億円半ば程度か。
前作に比べて、日本では盛り上がりが感じられず、勢いがないようだ。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆11年公開「猿の惑星:創世記」トータル24.2億円
4日7.3(OP4.0)→13.1→17.8→20.6→22.6→23.3→23.7
☆14年公開「猿の惑星:新世紀」
先込3.9(OP2.1)→08.3→10.8億円→
単純比較はできないが、これとの対比で考えると「猿の惑星:新世紀」の興行収入は14.7億円となる。
アメリカでは現在208百万ドルの大ヒットとなっている。
前作が177百万ドルだったため、17%上昇している。
日本のおいても前作並のヒットになるのは間違いないだろう。
ただ、アメリカのように上昇するかは微妙なところだ。
目新しかった前作を超えずに、日本では逆に15%程度ダウンするのではないかと公開前に書いたが、ダウン率はもっと高そうだ。

先行公開された作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年公開「プロメテウス」トータル18.1億円
先7.5→13.1→15.7→17.1
☆13年「スター・トレック」トータル10.8億円
先4.1→07.3→09.0→09.9
☆14年「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
先4.6→08.7→11.7→13.7→14.7→15.2→15.7
☆14年公開「猿の惑星:新世紀」
先3.9→08.3→10.8億円→
先行のパターンが異なるが、これらとの対比で考えると「猿の惑星:新世紀」の興行収入は12.5~13.0億円となる。
洋画大作作品の公開もしばらくなく、さすがに10億円前半で終わるはずはないだろう。
前作の24.2億円の半分はさすがに稼ぐはずであり、6割程度と考えて、「猿の惑星:新世紀」の興行収入は先週に引き続き15億円台と予想したい。
公開前個人予想は20億円台だったので、高すぎたか。
アメリカでの大ヒットを受けてしまうと、そうそう低くも予想できない。


6位:「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(ディズニー)<4週目>
【公開前個人予想】 7億円台
【現時点での興行収入予想】  9億円台
【配給会社期待値等】 「10億円を超える見込み」
【公開規模】 590スクリーン(先週比-3スクリーン)
※2D、3D、字幕、吹替版があるので実際の劇場数はもっと少ないはず。
4.8千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは8.9億円弱となっている。
1週間の伸びは1.2億円程度だろうか。
日本で大ヒットするタイプの作品ではなく、ほどほどの動きとなっている。

マーベルコミック原作のアクション作品。
今年のアメリカのサマーシリーズを制した大作映画であり、将来的には「アベンジャーズ」に絡んでくる可能性もある。
関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年公開「アイアンマン」トータル9.4億円
OP2.1→5.2→7.0→8.2→8.8→9.1
☆10年公開「アイアンマン2」トータル12.0億円
金3.4(OP2.6)→6.9→9.1→10.5→11.2
☆11年公開「マイティ・ソー」トータル5.0億円
OP1.3→3.2→4.2→4.6
☆11年公開「キャプテン・アメリカ」トータル3.1億円
金1.2(OP0.9)→2.2→2.7
☆12年公開「アベンジャーズ」トータル36.1億円
先13.9→22.2→28.4→31.5→33.5→34.9
☆13年公開「アイアンマン3」トータル25.7億円
金4日7.9(OP4.1)→17.4→20.3→22.5→25.0→25.3
☆14年公開「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」
OP1.9→3.7→5.1→5.7→6.1
☆14年公開「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」
OP2.0→4.1→5.6→6.5→6.8
☆14年「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
OP2.2→5.6→7.7→8.9億円→
主要作品との対比で考えると、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の興行収入は9.7~10.2億円となる。
オープニング3日は高校生以下にサービスしていたが、それ以降は高校生以下の動員が少なくなりそうであり、伸びがあるかが注目となる。
日本でヒットしそうなタイプではなく、それほど伸びないだろう。
「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」を超えるレベルと考えて、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の興行収入は先週に引き続き9億円台と予想したい。
公開前個人予想は7億円台だったので、やや低かったか。
ユニークな雰囲気もあるので、他のマーベル系よりも高く予想してもよかったかもしれない。


7位:「ジャージー・ボーイズ」(ワーナー)<2週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】  3億円台
【公開規模】 143スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.7千万円を稼ぎ、トータルでは推定1.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.1億円程度だろうか。
動きは物足りないが、スクリーン数も少なく、題材的にも仕方のない結果か。

ブロードウェイミュージカルの映画化。
クリント・イーストウッド監督作品。
アメリカでは有名なミュージカルだと思うが、全米で47百万ドルしか稼げなかった。
扱われているフォー・シーズンズというバンドも日本ではそれほど著名というわけではないだろう。日本でもヒットはしないと思うと公開前に書いたとおりとなりそうだ。

クリント・イーストウッド監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆04年「ミスティック・リバー」10.0億円
OP1.4→3.8→5.2→6.8→7.9
☆05年「ミリオンダラー・ベイビー」13.4億円
OP1.8→5.4→8.0→10.0→不明→12.2
☆09年「チェンジリング」トータル12.8億円
金2.3→06.5→09.1→11.0→12.1→12.4
☆09年「グラン・トリノ」トータル11.0億円
OP1.3→04.6→07.7→09.0→09.8
☆10年「インビクタス/負けざる者たち」トータル8.6億円
金1.6→04.3→05.8→06.9→07.7
☆11年「ヒアアフター」トータル7.0億円
OP1.7→04.6→06.2→06.9
☆12年「J・エドガー」トータル3.6億円
OP0.8→02.0→02.7
☆14年「ジャージー・ボーイズ」
OP0.5→1.7億円→
公開前に『良くて「J・エドガー」と同程度というところではないか』と書いたとおりとなりそうだ。
これらとの対比で考えると、「ジャージー・ボーイズ」の興行収入は3.1~4.5億円となる。
クリント・イーストウッド監督という知名度だけでそれなりには稼ぐだろう。
「ジャージー・ボーイズ」の興行収入は先週に引き続き3億円台と予想したい。
公開前個人予想は3億円台だったので当たりそうだ。
「J・エドガー」と同程度と予想がつくので、誰でも分かるだろう。


8位:「柘榴坂の仇討」(松竹)<3週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 8億円台
【公開規模】 255スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.3千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定4.8億円弱となっている。
1週間の伸びは1.3億円半ば程度だろうか。
イマイチな動きとなっている。地味な時代劇なのでこの結果は仕方がないが、年配層に受けそうだと思い、高めに予想した。

浅田次郎原作作品。
若松節朗監督、中井貴一、阿部寛が主演している。
参考になりそうな時代劇は以下のとおり。
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円(※年末公開)
OP1.6→4.1→5.9→祝込7.3→不明→9.7
☆09年「火天の城」トータル9.3億円
OP1.3→3.5→5.9→7.2→7.9
☆10年「十三人の刺客」トータル16.0億円
OP2.3→7.3→祝11.2→12.7→13.9
☆10年「武士の家計簿」トータル15.0億円
先込1.7→5.3→7.7→9.3→10.5
☆10年「最後の忠臣蔵」トータル8.4億円
OP1.0→3.3→4.8→6.5→7.4→7.8→8.1
☆10年「桜田門外ノ変」トータル6.9億円
OP0.9→3.1→4.5→5.4→6.0
☆12年「のぼうの城」トータル28.4億円
3日5.0→11.8→16.7→21.1→23.7→25.1→26.0
☆12年「天地明察」トータル9.1億円
祝3日2.1→4.4→6.1→7.3
☆13年「清須会議」トータル29.6億円
OP4.8→12.6→18.2→22.2→24.5→26.1
☆14年「超高速!参勤交代」
OP2.0→6.0→9.0→10.9→12.4→13.6→14.3
☆14年「柘榴坂の仇討」
先1.1→3.4→4.8億円→
これらとの対比で考えると、「柘榴坂の仇討」の興行収入は6.9~8.4億円となる。
コメディ系はヒットしやすいが、本格系はビッグヒットにはなりそうもない。
ただ、評価も良さそうであり、キャストも悪くはなく、コケることもないだろう。
「十三人の刺客」トータル16.0億円以下、「最後の忠臣蔵」トータル8.4億円以上というところではないかと公開前に書いたが、「最後の忠臣蔵」がライバルとなりそうだ。
ロングセールス込みで「柘榴坂の仇討」の興行収入は先週に引き続き8億円台と予想したい。
公開前個人予想は10億円台だったので、やや高すぎたか。
浅田次郎原作、中井貴一主演の03年「壬生義士伝」(日本アカデミー賞・最優秀作品賞ほか各賞受賞)ですら10億円を超えていないので、やはり時代劇は評価が高くても厳しいのか。


9位:「舞妓はレディ」(東宝)<4週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】  8億円台
【公開規模】 300スクリーン(先週比±0スクリーン)
千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定6.0億円となっている。
1週間の伸びは1.0億円程度か。
予告編を観た時のファーストインプレッションはメチャクチャつまらなそうな映画だなとヒットするはずなさそうだと思った。
「Shall we ダンス?」「それでもボクはやってない」と話題作を制作してきた周防正行監督作品であり、舞妓というネタは意外と受けるというところもあるので、予想が非常に難しい。
周防正行監督の「終の信託」(トータル3.3億円)のような悲惨なことにはならないと思うが、ヒットもせずコケもせずという中途半端な結果となるのではないかと書いたとおりとなりそうだ。

「舞妓はレディ」6.0億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2013>
☆「100回泣くこと」5.8億円(トータル7.3億円)
☆「許されざる者」6.3億円(トータル7.0億円)
これらとの対比で考えると、「舞妓はレディ」の興行収入は6.7~7.6億円となる。
年配層向けの映画のように思われるので、平日の伸びもあるだろう。
「舞妓はレディ」の興行収入は先週に引き続き8億円台と予想したい。
公開前個人予想は8億円台だったので、現時点では当たりそうだ。
きちんと伸びるかが注目となるが、評価は悪くなさそうなので大丈夫だろう。
良くも悪くもない結果となりそうだ。


11位:「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」(シンカ・パルコ)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】  1億円台
【公開規模】 53スクリーン
1.8千万円弱を稼ぎ、トータルでは推定6.8千万円半ばとなっている。
「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督作品。
レイチェル・マクアダムスが主演している。
心温まるラブコメディのようであり評価も高く伸びそうだが、1億円台というところではないか。
スクリーン数も少ないので、この程度でも仕方のないかもしれない。
「ノッティングヒルの恋人」などの脚本も手掛けており、ラブコメに定評のあるリチャード・カーティス監督なので、本作を劇場公開すること自体は悪くはないと思う。


12位:「劇場版 零 ゼロ」(角川)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】  1億円台
【公開規模】 133スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.5千万円を稼ぎ、トータルでは推定7.3千万円となっている。
1週間の伸びは4.6千万円弱程度だろうか。
中条あやみ、森川葵主演のホラーゲームの実写化らしい。
あまり気になる作品ではなく、予想をしなかった。

ホラー系の興行収入は以下のとおり。
☆12年「貞子3D」トータル13.5億円
OP2.5→6.2→8.8→10.7→12.0→12.8→13.2
☆12年「アナザー Another」トータル5.8億円
OP0.8→2.6→4.4
☆13年「クロユリ団地」トータル10.2億円
OP1.5→4.2→6.2→7.7
☆13年「貞子3D2」トータル7.2億円
金2.0→4.1→5.4→6.4→6.9
☆14年「劇場版 零 ゼロ」
OP0.3→0.7億円→
これらとの対比で考えると、「劇場版 零 ゼロ」の興行収入は1.2~1.7億円となる。
伸びるとは思えないので、「劇場版 零 ゼロ」の興行収入は先週に引き続き1億円台と予想したい。
ヒットできる作品ではないので、仕方がないだろう。


13位:「ホットロード」(松竹)<8週目>
【公開前個人予想】 20億円台
【現時点での興行収入予想】 24億円台(5~6週目25億円台、OP~4週目27億円台)
【配給会社期待値等】 30億円
【公開規模】 242スクリーン(先週比-53スクリーン)
1.4千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定23.5億円となっている。
1週間の動きは3.8千万円程度だろうか。
既に20億円を突破している。
松竹は30億円に過大な目標を設定しているらしく、番宣に異常にチカラを入れている成果が出たのではないか。
30億円は微妙としても、松竹としてはビッグヒットとなりそうだ。
20億円くらいに設定していれば期待以上の大ヒットとなるのに、30億円までハードルをあげるとこれだけの大ヒットなのにコケた印象を与えてしまうので、戦略にやや疑問なところがある。

「ソラニン」「僕等がいた」「陽だまりの彼女」の三木孝浩監督。
能年玲奈、登坂広臣主演による86~87年のコミックの実写化作品。
予告編を初めて観たときは『なんだこの古臭い映画は。ヒットするはずねえな』と思っていたが、この古臭さが意外とじわじわと効いてきて、公開直前には『少しはヒットするのではないか』と思うようになってきた。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円
OP2.8→07.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5→20.3
☆10年「君に届け」トータル15.3億円
OP2.3→06.2→09.0→11.5→12.9→13.8→14.5
☆10年「ハナミズキ」トータル28.3億円(非コミック)
OP4.0→12.8→18.8→22.6→24.9→26.8→27.4
☆11年「パラダイス・キス」トータル13.9億円
OP2.0→5.8→8.8→10.9→12.2→13.1→13.6
☆12年「僕等がいた 前篇」トータル25.2億円
OP3.0→9.8→15.4→19.1→21.3→23.0→23.7
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆12年「今日、恋をはじめます」トータル17.7億円
OP2.3→5.9→祝9.6→12.7→15.0→16.1→16.9
☆13年「陽だまりの彼女」トータル17.9億円(非コミック)
祝4.1→7.6→11.1→祝14.1→15.3→16.3→16.9
☆14年「ホットロード」
OP3.9→10.9→16.1→19.3→21.2→22.4→23.1→23.5億円→
この手の作品は17億円が標準となりそうだが、楽にクリアできそうだ。
松竹系の実写作品はこの数年18.2~23.2億円程度が最高値となっており、近年の最高値を超えるヒットとなりそうだ。
ただ、もはや伸びは期待しにくいか。
「ホットロード」の興行収入は4週目まで27億円台、6週目まで25億円台と予想したが、先週に引き続き24億円台と予想したい。
「僕等がいた 前篇」トータル25.2億円がライバルとなる。
「ハナミズキ」トータル28.3億円には届かないだろう。
公開前個人予想は20億円台だったので、やや低すぎたか。
かなり高めに予想したつもりだったが、松竹の非ジャニーズ作品がここまで高い動きになるとは思わなかった。


14位:「LUCY/ルーシー」(東宝東和)<6週目>
【公開前個人予想】 6億円台
【現時点での興行収入予想】  10億円台
【公開規模】 137スクリーン(先週比-66スクリーン)
1.0千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定9.7億円となっている。
1週間の伸びは3.1千万円弱程度か。
ヒットするとは思わなかったが、かなり優秀な動きとなっている。
200スクリーン程度で10億円近く稼ぐのは相当だ。

スカーレット・ヨハンソン主演のSFアクション作品。
監督は、リュック・ベッソン。
アメリカでは現在126百万ドルの大ヒットとなっている。
日本では、アンジェリーナ・ジョリー主演の10年「ソルト」(トータル20.5億円)のようなヒットはないだろう。12年「ボーン・レガシー」トータル8.2億円以下、13年「96時間/リベンジ」トータル4.6億円以上というところかと公開前に書いたが、意外なヒットとなった。

「LUCY/ルーシー」9.7億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2013>
☆「華麗なるギャツビー」10.2億円(トータル11.3億円)
☆「G.I.ジョー バック2リベンジ」9.9億円(トータル9.9億円)
☆「ホワイトハウス・ダウン」9.7億円(トータル9.9億円)
「ホワイトハウス・ダウン」との対比で考えると、「LUCY/ルーシー」の興行収入は9.9億円となる。
ここまでくれば意地でも10億円に乗せるのではないか。
「LUCY/ルーシー」の興行収入は先週に引き続き10億円台と予想したい。
公開前個人予想は6億円台だったので低すぎたか。
ヒットするとは思えなかったが、スカーレット・ヨハンソンの人気が上がっているのか。


順位不明:「NY心霊捜査官」(ソニー)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】  1億円未満
【公開規模】 59スクリーン
百万円を週末に稼ぎ、トータルでは4.1千万円となっている。
1週間の伸びは1.0千万円半ば程度だろうか。
エリック・バナ主演、スコット・デリクソン監督のホラー作品。
全米でも31百万ドルしか稼げなかったホラー作品。
日本でも稼げるとは思えず、小規模公開とはいえ、劇場公開する理由が見つからない。
当然1億円を超えることはないだろう。
「NY心霊捜査官」の興行収入は先週に引き続き1億円未満と予想したい。
DVDスルーでも十分そうな作品であり、ソニーの考えがよく分からない。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。