ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヘラクレス』レビュー

◆評  価   4.5点
◆おススメ度  C(見る必要はない)

2D版を鑑賞。
12の難行で有名なヘラクレスを題材にしたギリシャ神話モノだと思って鑑賞したら、ただ腕力のあるオッサンの話だったというトンデモ映画になっている。
100分弱で12の難行を描くのは困難であり、どのような仕上がりにするのかを楽しみにしていたら、ただのプロローグ扱いというなかなかの荒業を使っていた。

ストーリーはメチャクチャすぎて、基本的には駄作という評価を与えるべき作品なのだろう。
ただ、あまりにメチャクチャすぎて、逆に面白くなる効果を狙っているとしか思えない。
あまりにも辻褄のあわない展開、馬車投入で一気に形勢逆転する戦い、ちょっとの訓練で生まれ変わる統制のとれた軍隊、味方の王様の突然の手のひら返し、ケンタウロスもケルベロスもただの見間違い、数人で無策で城に突っ込む無謀な戦略、突然登場してあっさりと退場する黒幕、猛犬に襲われて大怪我をしてもピンピンしている主人公、ピンチは筋力で解決、喧嘩別れした仲間が戻ってくるというお約束の展開、悪玉が死んだらあっさりとひざまずく兵士などコメディとして観ると面白い。

ただの見間違い、12の難行のプロローグ扱いについては、伝説を畏怖している人々の気持ちを利用している部分が大きく、本作の“肝”にもなっている。
本作においては、ヘラクレス自身、神ゼウスの息子であり12の難行をクリアしたという伝説を利用して、傭兵として金儲けを企んでいる悪党のような存在でもある。
そのような設定自体は斬新であり、決して悪くないと思われる。
伝説を利用して、傭兵として金儲けしていた、ただ腕力の強いだけの小さなペテン男が、ヘラクレスの伝説に憧れる少年との出会いを通して、偉大な“真の英雄”として生まれ変わるというストーリーは面白くなるはずだった。
ただ、英雄ヘラクレスという存在を性根が腐った小悪人にするわけにもいかなかったのか、善でも悪でもない中途半端なキャラクターのままで終わってしまったことが残念なところだ。
伝説に彩られた自分を弱い人間だとさらけ出して、強い男になっていくような熱い映画に仕上げて欲しかった。
預言者はオイシイところをもっていっていたが、仲間の扱いも中途半端すぎるだろう。

結局のところ、何も残らないが、何も考えずに鑑賞できるファミリー向けアクション作品というだけになってしまった。
数ヶ月後には忘れ去られる映画の類だろう。
上手く仕上げれば、続編を制作してもよい映画であったはずなのに、もったいない作品だ。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。