ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月1週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「ドラキュラZERO」(東宝東和)
製作費7千万ドルの中規模映画だが、アメリカでは現在49百万ドルしか稼いでいない。
最終的には5千万ドル台でフィニッシュするだろう。
主演のルーク・エヴァンスの日本での知名度は皆無に等しく、日本でもヒットすることはないだろう。

以下の作品と同程度になるのではないか。
☆11年公開「インモータルズ‐神々の戦い‐」4億円台見込み
金1.3→2.8→3.7→4.2
☆12年公開「リンカーン/秘密の書」トータル4.7億円
木1.7→3.1→4.0→4.5
「インモータルズ‐神々の戦い‐」にはルーク・エヴァンスも出演している。
これらと同程度と考えて、「ドラキュラZERO」の興行収入は4億円台と予想したい。
祝日を含めたオープニング4日は2.1億円程度か。


◎「クローバー」(東宝)
漫画原作作品。
武井咲、大倉忠義が主演している。
単行本が24冊出ているので、かなりの人気なのだろう。
ヒットする感じが全くしないが、ヒットしてしまうのだろうか。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円
OP2.8→07.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5→20.3
☆10年「君に届け」トータル15.3億円
OP2.3→06.2→09.0→11.5→12.9→13.8→14.5
☆10年「ハナミズキ」トータル28.3億円(非コミック)
OP4.0→12.8→18.8→22.6→24.9→26.8→27.4
☆11年「パラダイス・キス」トータル13.9億円
OP2.0→5.8→8.8→10.9→12.2→13.1→13.6
☆12年「僕等がいた 前篇」トータル25.2億円
OP3.0→9.8→15.4→19.1→21.3→23.0→23.7
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆12年「今日、恋をはじめます」トータル17.7億円
OP2.3→5.9→祝9.6→12.7→15.0→16.1→16.9
☆13年「陽だまりの彼女」トータル17.9億円(非コミック)
祝4.1→7.6→11.1→祝14.1→15.3→16.3→16.9
☆13年「カノジョは嘘を愛しすぎてる」
OP1.6→祝5.5→8.8→12.0→祝14.8→15.8→16.6
☆13年「潔く柔く」トータル5.0億円
OP0.9→祝2.8→3.7→4.3
☆14年「好きっていいなよ。」
OP1.6→不明→6.2→7.8→9.1→10.2
☆14年「ホットロード」
OP3.9→10.9→16.1→19.3→21.2→22.4
☆14年「近キョリ恋愛」
祝込2.4→4.8億円→
監督は「今日、恋をはじめます」の古澤健。
武井咲は「今日、恋をはじめます」を当てているが、人気が高いとは思えない。
大倉忠義の人気は高いが、主演作は、13年「100回泣くこと」トータル7.3億円となっている。
やや不安のあるコンビであり、それほど高い興行収入にはならないだろう。
「今日、恋をはじめます」を下回るだろう。
「好きっていいなよ。」「パラダイス・キス」程度と考えたい。
東宝系でもあり、しっかりと稼ぐだろう。
「クローバー」の興行収入は12億円台と予想したい。
祝日を含むオープニング3日は2.9億円程度だろうか。


◎「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」(松竹)
シルベスター・スタローン主演のアクション作品。
おなじみのメンバーに加えて、メル・ギブソン、ハリソン・フォード、アントニオ・バンデラス、ウェズリー・スナイプスが出演している。
しかし、アメリカでは39百万ドルと大惨敗を喫した(1作目はトータル103百万ドル)。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「エクスペンダブルズ」トータル9.2億円
OP1.8→4.9→6.8→8.1→8.7
☆12年公開「エクスペンダブルズ2」トータル7.6億円
OP1.6→4.4→6.0→6.8→7.3
評価は高くなさそうなので、大ヒットすることはないだろう。
前作の興行収入前後になるのではないか。
ファンも多い作品であり、日本では7~9億円の興行収入は保持すると思われる。
「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」の興行収入は、前作を超える8億円台と予想したい。
祝日を含むオープニング3日は2.3億円程度か。


◎「美女と野獣」(GAGA)
ディズニーによる実写化映画ならば大ヒットするだろうが、本作はフランスで実写化された作品。
150スクリーン程度の中規模映画であり、ファミリー作品とは思えないが、タイトルは万人が知るため、予想が難しい。
だが、さすがにタイトルだけではヒットすることはないだろう。

作品のタイプは異なるが、以下のような例もある。
☆12年公開「白雪姫と鏡の女王」トータル4.5億円
金0.9→2.4→3.3
☆13年公開「ジャックと天空の巨人」トータル5.5億円
金1.2→3.1→4.5
話題になればロングセールスにもなるかもしれないが、大して話題にもなりそうもない。
タイトルだけである程度稼ぎそうなので、「美女と野獣」の興行収入は4億円台と予想したい。
祝日を含めたオープニング3日は1.1億円程度か。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。