ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(10月4週目その2)

1位:「近キョリ恋愛」(東宝映像)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】  13億円台
【公開規模】 179スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.1億円を週末に稼ぎ、トータルでは推定7.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.3億円弱程度だろうか。
観客層に中高学生が多いのだろうか、週末の減少率がほとんどなく、ロングセールスになりそうだ。

予想しなかったが、正直言って公開されること自体認識していなかった。
Yahooの映画コーナーで公開作品をチェックしているが、最近非常に見にくくなってしまったため、恐らく今後もこのような見逃しがあるだろう。
それにしても、予告編も観たこともなく、テレビCMも観たこともなかった。
山下智久、小松菜奈主演のコミック原作のラブコメ。
若い女性には注目されていたのだろうか。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円
OP2.8→07.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5→20.3
☆10年「君に届け」トータル15.3億円
OP2.3→06.2→09.0→11.5→12.9→13.8→14.5
☆10年「ハナミズキ」トータル28.3億円(非コミック)
OP4.0→12.8→18.8→22.6→24.9→26.8→27.4
☆11年「パラダイス・キス」トータル13.9億円
OP2.0→5.8→8.8→10.9→12.2→13.1→13.6
☆12年「僕等がいた 前篇」トータル25.2億円
OP3.0→9.8→15.4→19.1→21.3→23.0→23.7
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆12年「今日、恋をはじめます」トータル17.7億円
OP2.3→5.9→祝9.6→12.7→15.0→16.1→16.9
☆13年「陽だまりの彼女」トータル17.9億円(非コミック)
祝4.1→7.6→11.1→祝14.1→15.3→16.3→16.9
☆13年「カノジョは嘘を愛しすぎてる」
OP1.6→祝5.5→8.8→12.0→祝14.8→15.8→16.6
☆13年「潔く柔く」トータル5.0億円
OP0.9→祝2.8→3.7→4.3
☆14年「好きっていいなよ。」
OP1.6→不明→6.2→7.8→9.1→10.2
☆14年「ホットロード」
OP3.9→10.9→16.1→19.3→21.2→22.4
☆14年「近キョリ恋愛」
祝込2.4→4.8→7.1億円→
今年公開された「好きっていいなよ。」のオープニングを超えており10億円突破は確実。
主要作品との対比で考えると、「近キョリ恋愛」の興行収入は11.2~12.1億円となる。
3連休公開かつジャニーズ主演の「陽だまりの彼女」対比で考えると、「近キョリ恋愛」の興行収入は11.4億円となるが、多少話題となっており、もうちょっと伸びるだろう。
「近キョリ恋愛」の興行収入は先週に引き続き13億円台と予想したい。
コミックに人気があるのか、山下智久に人気があるのか。
両方の要因なのか、それなりのヒットとなりそうだ。



2位:「ヘラクレス」(パラマウント)<1週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】  5億円台
【公開規模】 653スクリーン
※3D版、2D版があるので、劇場数はもっと少ないはず。
金曜日からの3日間で1.4億円弱のオープニングを飾った。
土日2日間では1.0億円半ばだったようだ。
先週『金曜日からのオープニング3日は1.5億円程度か』と書いたのでほぼ予想どおりとなっている。

「ラッシュ・アワー」シリーズのブレット・ラトナー監督、ドウェイン・ジョンソン主演作品。
ギリシャ神話の英雄を題材としたアクション映画。
製作費1億ドルの大規模映画だが、アメリカでは73百万ドルしか稼げなかった。
公開前に『日本でもビッグヒットにはならないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆04年公開「トロイ」トータル42.0億円
☆10年公開「タイタンの戦い」トータル15.8億円
金2.8→7.6→12.4→13.9→14.9→15.4
☆11年公開「インモータルズ‐神々の戦い‐」4億円台見込み
金1.3→2.8→3.7→4.2
☆12年公開「タイタンの逆襲」トータル7.2億円
OP1.3→3.3→6.1
☆14年公開「ヘラクレス」
金1.4(OP1.0)億円→
主要作品との対比で考えると、「ヘラクレス」の興行収入は5.9~7.9億円となる。
面白そうな映画でもなく、ファミリー向け作品というわけでもなく、ドウェイン・ジョンソンも日本で人気が高いわけでもなく、ヒットするとは思えない。
「タイタンの逆襲」「インモータルズ‐神々の戦い‐」レベルだろう。
「インモータルズ‐神々の戦い‐」は超えると考えて、「ヘラクレス」の興行収入は5億円台と予想したい。
公開前個人予想は5億円台だったので当たりそうだ。
日本人向けではなく妥当な結果だろう。


4位:「ふしぎな岬の物語」(東映)<3週目>
【公開前個人予想】 16億円台
【現時点での興行収入予想】  15億円台
【公開規模】 287スクリーン(先週比±0スクリーン)
6.6千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定7.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.5億円程度だろうか。
期待していたほど伸びていないか。
吉永小百合主演・制作作品。
監督は、11年「八日目の蝉」(トータル12.4億円)の成島出。
モントリオール映画祭で審査員特別賞グランプリなどを受賞している。
年配の女性層が鑑賞しそうであり、それなりの興行収入になりそうだ。

吉永小百合主演作品の興行収入は以下の通り。
☆00年「長崎ぶらぶら節」トータル11.6億円
☆01年「千年の恋 ひかる源氏物語」トータル20.8億円
☆05年「北の零年」トータル27.0億円
OP2.5→7.8→12.0→15.1→18.2→20.3→22.2
☆08年「母べえ」トータル21.2億円
OP1.6→6.4→祝10.9→13.4→15.7→17.3→18.2
☆08年「まぼろしの邪馬台国」トータル9.5億円
OP1.6→3.5→04.8→05.8→不明→07.2→07.7
☆10年「おとうと」トータル21.0億円
OP2.4→7.2→11.1→13.7→15.6→17.0→17.8
☆12年「北のカナリアたち」トータル14.0億円
OP1.8→5.6→08.3→10.2→11.5→12.3
☆14年「ふしぎな岬の物語」
祝込2.3→5.2→7.7億円→
悪くても10億円前後、ヒットするときは20億円前後の興行収入となる。
これらとの作品との対比で考えると、「ふしぎな岬の物語」の興行収入は13.0~17.3億円となる。
今回はヒットするとは思えないが、ヒットしないとも思えない。
ファン層がしっかりとしており、ロングセールスにもなり、評価も悪くはなさそうなので、しっかりと稼ぐだろう。
「北のカナリアたち」程度は稼ぐと考えて、「ふしぎな岬の物語」の興行収入は先週に引き続き15億円台と予想したい。
公開前個人予想は16億円台だったので、ほぼ当たりそうだ。
人気女優だけに手堅く稼ぐので予想はしやすい。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。