ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月4週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「インターステラー」(ワーナー)
クリストファー・ノーラン監督のSF作品。
マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステインが出演している。
高評価を受けており、賞レースに絡んできそうな作品、高い伸びを示す可能性がある。
ただ、169分の長尺の映画なので、予想は難しい。

「バットマン」シリーズでおなじみのクリストファー・ノーラン監督。
以下の監督作品が参考となるか。
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5
本作はやや堅めの作品であり、これを超えることはないだろう。

時期が重なる以下の作品が参考となるか。
☆10年公開「トロン:レガシー」トータル21.2億円
金3.7→09.0→13.8→17.4→19.3→20.1→20.6
☆11年公開「リアル・スティール」トータル14.5億円
金2.8→06.0→08.5→10.7→12.8→13.8
☆12年公開「007 スカイフォール」トータル27.5億円
OP4.5→10.9→15.6→17.8→20.4→25.2→26.6
☆13年公開「ゼロ・グラビティ」トータル31.7億円
金3.7→不明→13.7→20.8→23.8→26.4→28.3
話題になれば、「ゼロ・グラビティ」級のヒットになるだろうが、そこまで話題になるとも思えない。
「007 スカイフォール」以下、「リアル・スティール」以上というところか。
27億円以下、15億円以上と思われる。
時期的に年末年始まで稼げるだろうから、ヒットになるのは間違いないだろう。
「インターステラー」の興行収入は20億円台と予想したい。
祝日を含めたオープニング3日は3.7億円程度か。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。