ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(12月後半その1)

☆2014年アメリカで過小評価された作品が発表
結果は以下のとおり。
1位:『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
2位:『かぐや姫の物語』
3位:『They Came Together』
4位:『スノーピアサー』
5位:『ホドロフスキーのDUNE』
6位:『西遊記~はじまりのはじまり~』
7位:『ザ・レイド GOKUDO』
8位:『The One I Love』
9位:『コングレス』
10位:『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
過小評価の意味するところが分かりにくいが、作品の評価・デキに対してヒットしていないところだろうか。
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は全米トータル100百万ドルしか稼げなかったが、作品的には大ヒットしてもおかしくなかったということでランクインしているようだ。
ただ、他の作品は海外作品であったり、興行収入的にヒットを望めない作品ばかりであり、やや意図が不明なランキングだ。
もっとメジャー系作品を載せるべきではないか。
実際に見た作品では、「トランセンデンス」トータル23百万ドル、「ジャージー・ボーイズ」トータル47百万ドル、「ロボコップ」トータル59百万ドルなどが過小評価されていると思われる。


☆「スター・トレック3」の監督が決定
脚本家のロベルト・オーチーが監督することとなっていたが理由不明の降板により、「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リンが新たに監督することに決定した。
ジャスティン・リンは、「ボーン・レガシー」の続編を監督することに決まっていたが、マット・デイモンの「ボーン」シリーズの復帰及びポール・グリーングラス監督の復帰見込みにより、「ボーン・レガシー」の続編制作が延期されていた。
彼のスケジュールが空いたため、オファーしたようだ。
カーアクション系には強いが、SF作品への挑戦はどうなるだろうか。


☆ギャラを貰いすぎているランキングが発表
フォーブスが発表している恒例のランキングが発表された。
結果は以下のとおり。
1位:アダム・サンドラー
2位:ジョニー・デップ
3位:ベン・スティラー
4位:ライアン・レイノルズ
5位:トム・ハンクス
6位:ウィル・フェレル
7位:チャニング・テイタム
8位:デンゼル・ワシントン
9位:サンドラ・ブロック
10位:ベン・アフレック
2014年6月までに出演した過去3本の映画が対象となる。
アダム・サンドラーは、13年「アダルトボーイズ遊遊白書」がトータル134百万ドル(製作費8千万ドル)と当たったものの、12年「俺のムスコ」トータル37百万ドル(製作費7千万ドル)、14年「子連れじゃダメかしら?」トータル46百万ドル(製作費4千万ドル)と振るわなかった。
ピーク時は1本の出演料2千万ドル以上だったため、当然ギャラを貰いすぎということとなる。
単独主演のコメディ作品ではもはや1億ドルを超えるヒットが期待しにくくなっているかもしれない。
また、ベン・スティラー、ウィル・フェレルといったコメディ俳優勢が目立つ。
この3人のギャラは相当に高いのかもしれない。

ジョニー・デップは、12年「ダーク・シャドウ」トータル80百万ドル(製作費1億5千万ドル)、13年「ローン・レンジャー」トータル89百万ドル(製作費215百万ドル)、14年「トランセンデンス」トータル23百万ドル(製作費1億ドル)と振るわず。

ライアン・レイノルズは、13年「ゴースト・エージェント/R.I.P.D.」トータル34百万ドル(製作費1億3千万ドル)が壮絶にコケた。

トム・ハンクスは、13年「キャプテン・フィリップス」トータル107百万ドル(製作費55百万ドル)、13年「ウォルト・ディズニーの約束」トータル83百万ドル(製作費35百万ドル)を当てているが、12年「クラウド アトラス」トータル27百万ドルが痛かったようだ。

チャニング・テイタム、デンゼル・ワシントンはコケてはいないが、ギャラが高いのだろうか。
ヒット作品にしか出演していないサンドラ・ブロックのランクインは謎。
11年「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」トータル32百万ドルが対象となっているからだろうか。
それほどコケていないベン・アフレックのランクインも謎だ。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。