ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(賞レース関係2)

☆アカデミー賞ノミネートが発表
ノミネートは以下のとおり。
<作品賞>
「アメリカンスナイパー」
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
「6才のボクが、大人になるまで。」
「グランド・ブダペスト・ホテル」
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
「Selma」
「博士と彼女のセオリー」
「セッション」
【予想】今年は8作品がノミネートされた。「グランド・ブダペスト・ホテル」が追い上げているが、「6才のボクが、大人になるまで。」が逃げ切るだろう。
「アメリカンスナイパー」がノミネートされた一方で、「Unbroken」「NIGHTCRAWLER」「フォックスキャッチャー」「ゴーン・ガール」が外れている。

<監督賞>
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」
ベネット・ミラー「フォックスキャッチャー」
ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」
モルテン・ティルドゥム「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
【予想】作品賞と併せてリチャード・リンクレイターが有利か。
「フォックスキャッチャー」が作品賞にノミネートされていないにも関わらず、ベネット・ミラーがノミネートされていることがサプライズ。
「アメリカンスナイパー」「Selma」「博士と彼女のセオリー」「セッション」の監督がノミネートされておらず。デヴィッド・フィンチャーもアンジェリーナ・ジョリーもノミネートされなかった。

<主演男優賞>
スティーブ・カレル「フォックスキャッチャー」
ブラッドリー・クーパー「アメリカン・スナイパー」
ベネディクト・カンバーバッチ「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
エディ・レッドメイン「博士と彼女のセオリー」
【予想】マイケル・キートンが堅いだろう。
ベネディクト・カンバーバッチ、エディ・レッドメインのノミネートは既定路線だったが、ブラッドリー・クーパーとまさかのスティーブ・カレルがノミネートされた。
「NIGHTCRAWLER」のジェイク・ギレンホール、「Selma」のデヴィッド・オイェロウォ、個人的にノミネートは確実と思っていた「ターナー、光に愛を求めて」のティモシー・スポールがノミネートされなかった。

<助演男優賞>
ロバート・デュバル「ジャッジ 裁かれる判事」
イーサン・ホーク「6才のボクが、大人になるまで。」
エドワード・ノートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
マーク・ラファロ「フォックスキャッチャー」
J・K・シモンズ「セッション」
【予想】J・K・シモンズで堅いだろう。
やや意外なメンバーだが、ゴールデン・グローブ賞と同じ組み合わせであり、サプライズノミネートはない。

<主演女優賞>
マリオン・コティヤール「サンドラの週末」
フェリシティ・ジョーンズ「博士と彼女のセオリー」
ジュリアン・ムーア「アリスのままで」
ロザムンド・パイク「ゴーン・ガール」
リース・ウィザースプーン「WILD」
【予想】ジュリアン・ムーアの順番のようだ。
「Cake」のジェニファー・アニストン、ゴールデン・グローブ賞を獲得した「ビッグ・アイズ」のエイミー・アダムスはノミネートが外れた。

<助演女優賞>
パトリシア・アークエット「6才のボクが、大人になるまで。」
ローラ・ダーン「WILD」
キーラ・ナイトレイ「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
エマ・ストーン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
メリル・ストリープ「イントゥ・ザ・ウッズ」
【予想】ここもパトリシア・アークエットが堅い。
メリル・ストリープは何度目のノミネートだろうか。

<脚本賞>
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr.、アルマンド・ボー「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」
E・マックス・フライ、ダン・ファターマン「フォックスキャッチャー」
ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」
ダン・ギルロイ「NIGHTCRAWLER」
【予想】作品賞、監督賞を取れない代わりにアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ他が受賞するか。

<脚色賞>
ジェイソン・ホール「アメリカン・スナイパー」
グレアム・ムーア「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
ポール・トーマス・アンダーソン「Inherent Vice」
アンソニー・マッカーテン「博士と彼女のセオリー」
デイミアン・チャゼル「セッション」
【予想】さっぱり分からない。グレアム・ムーアか。
「ゴーン・ガール」のギリアン・フリンがノミネートを外れている。

<視覚効果賞>
「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
「インターステラー」
「X-MEN:フューチャー&パスト」
【予想】「インターステラー」を見ていないが、これだろうか。
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」「GODZILLA」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「ホビット 決戦のゆくえ」「インターステラー」「トランスフォーマー ロストエイジ」辺りの6作品のうちの5本となるかと思っていたが、「GODZILLA」「ホビット 決戦のゆくえ」「トランスフォーマー ロストエイジ」がノミネートが外れ、「X-MEN:フューチャー&パスト」「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」がノミネートされた。

<外国語映画賞>
「イーダ」(ポーランド)
「Leviathan」(ロシア)
「Tangerines」(エストニア)
「Timbuktu」(モーリタニア)
「Wild Tales」(アルゼンチン)
【予想】「イーダ」と「Leviathan」の一騎打ち。「イーダ」だろう。

<メイクアップ&ヘアスタイリング賞>
「フォックスキャッチャー」
「グランド・ブダペスト・ホテル」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
【予想】「グランド・ブダペスト・ホテル」か。
「フォックスキャッチャー」「グランド・ブダペスト・ホテル」「博士と彼女のセオリー」辺りがノミネートされると思っていたが、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」がノミネートされた。

<長編アニメーション賞>
「ベイマックス」(監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ)
「The Boxtrolls」(監督:グラハム・アナベル、アンソニー・スタッチ)
「ヒックとドラゴン2」(監督:ディーン・デュボア)
「Song of the Sea」(監督:トム・ムーア、ポール・ヤング)
「かぐや姫の物語」(監督:高畑勲)
【予想】今回は強敵がおらず「かぐや姫の物語」の受賞の可能性が高い。
本命と思われた「LEGO(R)ムービー」がまさかのノミネートを外した。


☆ゴールデングローブ賞の結果が発表
結果は以下のとおり。
基本的には順当な結果となった。

【ドラマ部門】
<作品賞>
『6才のボクが、大人になるまで。』
『フォックスキャッチャー』
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
『SELMA』
『博士と彼女のセオリー』
【予想】評価の高い『6才のボクが、大人になるまで。』が堅いか。
【結果】『6才のボクが、大人になるまで。』
※予想どおり順当な結果。

<主演男優賞>
スティーヴ・カレル(『フォックスキャッチャー』)
ベネディクト・カンバーバッチ(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)
ジェイク・ギレンホール(『NIGHTCRAWLER』)
デヴィッド・オイェロウォ(『SELMA』)
エディ・レッドメイン(『博士と彼女のセオリー』)
【予想】マイケル・キートンがコメディ部門にまわっているため予想が難しい。ベネディクト・カンバーバッチか、エディ・レッドメインか。勢いのあるベネディクト・カンバーバッチだろうか。
【結果】エディ・レッドメイン
※二択で外した。人気があるベネディクト・カンバーバッチが逆に嫌われたか。

<主演女優賞>
ジェニファー・アニストン(『CAKE』)
フェリシティ・ジョーンズ(『博士と彼女のセオリー』)
ジュリアン・ムーア(『アリスのままで』)
ロザムンド・パイク(『ゴーン・ガール』)
リース・ウィザースプーン(『WILD』)
【予想】賞レースで強さをみせているジュリアン・ムーアが堅いか。
【結果】ジュリアン・ムーア
※予想どおり順当な結果。

【コメディ・ミュージカル部門】
<作品賞>
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『グランド・ブダペスト・ホテル』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『PRIDE』
『ST.VINCENT』
【予想】『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』以外にないだろう。
【結果】『グランド・ブダペスト・ホテル』
※順当な結果とはならず、『グランド・ブダペスト・ホテル』は個人的にそれほど評価していない。

<主演女優賞>
エイミー・アダムス(『ビッグ・アイズ』)
エミリー・ブラント(『イントゥ・ザ・ウッズ』)
ヘレン・ミレン(『マダム・マロリーと魔法のスパイス』)
ジュリアン・ムーア(『マップ・トゥ・ザ・スターズ』)
クワベンジャネ・ウォレス(『ANNIE アニー』)
【予想】ジュリアン・ムーアがこちらでもノミネートされている。全く予想できないメンバーだが、エイミー・アダムスか。
【結果】エイミー・アダムス
※予想が難しい部門だったが、消去法で考えるとこのような結果となる。

<主演男優賞>
レイフ・ファインズ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)
マイケル・キートン(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
ビル・マーレイ(『ST.VINCENT』)
ホアキン・フェニックス(『INHERENT VICE』)
クリストフ・ヴァルツ(『ビッグ・アイズ』)
【予想】マイケル・キートン以外にないだろう。
【結果】マイケル・キートン
※予想どおり順当な結果。

<助演男優賞>
ロバート・デュヴァル(『ジャッジ 裁かれる判事』)
イーサン・ホーク(『6才のボクが、大人になるまで。』)
エドワード・ノートン((『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
マーク・ラファロ(『フォックスキャッチャー』)
J・K・シモンズ(『WHIPLASH』)
【予想】J・K・シモンズが堅いだろう。
【結果】J・K・シモンズ
※予想どおり順当な結果。

<助演女優賞>
パトリシア・アークェット(『6才のボクが、大人になるまで。』)
ジェシカ・チャステイン(『A MOST VIOLENT YEAR』)
キーラ・ナイトレイ(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)
エマ・ストーン(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
メリル・ストリープ(『イントゥ・ザ・ウッズ』)
【予想】パトリシア・アークェットが堅いだろう。
【結果】パトリシア・アークェット
※予想どおり順当な結果。

<最優秀監督賞>
ウェス・アンダーソン(『グランド・ブダペスト・ホテル』)
アヴァ・デュヴァネイ(『SELMA』)
デヴィッド・フィンチャー(『ゴーン・ガール』)
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ((『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで。』)
【予想】作品賞にノミネートされていないデヴィッド・フィンチャーがノミネートされている。リチャード・リンクレイターが堅いだろう。
【結果】リチャード・リンクレイター
※予想どおり順当な結果。

<最優秀脚本賞>
ウェス・アンダーソン(『グランド・ブダペスト・ホテル』)
ギリアン・フリン(『ゴーン・ガール』)
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコポーネ、アレクサンダー・ディネラリスJr.、アルマンド・ボー(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで』)
グラハム・ムーア(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)
【予想】全く予想できない部門。リチャード・リンクレイターだろうか。
【結果】アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコポーネ、アレクサンダー・ディネラリスJr.、アルマンド・ボー
※作品賞を取れなかった代わりに受賞したか。

<長編アニメーション賞>
『ベイマックス』
『THE BOOK OF LIFE』
『THE BOXTROLLS』
『ヒックとドラゴン2』
『LEGO(R) ムービー』
【予想】『かぐや姫の物語』がノミネートから外れている。『LEGO(R) ムービー』が堅いか。
【結果】『ヒックとドラゴン2』
※日本公開されるか微妙な作品が受賞したので、日本で公開されるかもしれない。

<外国語映画賞>
『ツーリスト』(スウェーデン)
『GETT: THE TRIAL OF VIVIANE AMSALEM』(イスラエル)
『イーダ』(ポーランド)
『リヴァイアサン』(ロシア)
『TANGERINES MANDARIINID』(エストニア)
【予想】『イーダ』(ポーランド)が強そうだ。
【結果】『リヴァイアサン』(ロシア)
※強さをみせていた『イーダ』がここで敗れる波乱となった。


☆アメリカ監督組合賞(DGA)のノミネートが発表
ノミネート作品は以下のとおり。
ウェス・アンダーソン(『グランド・ブダペスト・ホテル』)
クリント・イーストウッド(『アメリカン・スナイパー』)
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで。』)
モルテン・ティルドゥム(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)
※賞レースにあまり絡んできてなかったクリント・イーストウッドがノミネートされている。
やはりここでもリチャード・リンクレイターだろう。


☆アメリカ脚本家組合賞のノミネートが発表
ノミネート作品は以下のとおり。
【オリジナル脚本賞】
「6才のボクが、大人になるまで。」
「フォックスキャッチャー」
「グランド・ブダペスト・ホテル」
「「Nightcrawler」
「Whiplash」

【脚色賞】
「アメリカン・スナイパー」
「ゴーン・ガール」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
「WILD」
※「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「博士と彼女のセオリー」「Selma」といった作品は規約の関係上対象外になっているとのこと。
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」がノミネートされているのが面白いところ。
なんとなく「6才のボクが、大人になるまで。」「ゴーン・ガール」辺りが有力か。


☆視覚効果関係のVisual Effects Societyのノミネートが発表
ノミネートは以下のとおり。
<長編映画部門(VFXが主導的な役割を果たした作品)>
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
「インターステラー」
「マレフィセント」
「ホビット 決戦のゆくえ」
「X-MEN:フュ-チャー&パスト」
※「GODZILLA」「トランスフォーマー ロストエイジ」辺りが外れている。「インターステラー」だろうか。

<長編映画部門(VFXが補助的な役割を果たした作品)>
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
「ダイバージェント」
「グランド・ブダペスト・ホテル」
「イミテーション・ゲーム」
「Unbroken」
※「グランド・ブダペスト・ホテル」だろうか。

<長編アニメーション映画部門>
「ベイマックス」
「ヒックとドラゴン2」
「Rio 2」
「The Boxtrolls」
「LEGO(R) ムービー」
※「LEGO(R) ムービー」だろうか。


☆ゴールデンラズベリー賞のノミネートが発表
ノミネートは以下のとおり。
<最低映画賞>
『Kirk Cameron's Saving Christmas』
『Left Behind』
『ザ・ヘラクレス』
『トランスフォーマー/ロストエイジ』
『ミュータント・タートルズ』
【予想】小作品では面白くないので、大作の『トランスフォーマー/ロストエイジ』が有利だろう。

<最低監督賞>
ジョナサン・リーベスマン『ミュータント・タートルズ』
セス・マクファーレン『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
ダーレン・ドーン『Kirk Cameron's Saving Christmas』
マイケル・ベイ『トランスフォーマー/ロストエイジ』
レニー・ハーリン『ザ・ヘラクレス』
【予想】マイケル・ベイが作品賞に続き2冠となるのではないか。

<最低男優賞>
アダム・サンドラー『子連れじゃダメかしら?』
カーク・キャメロン『Kirk Cameron's Saving Christmas』
ケラン・ラッツ『ザ・ヘラクレス』
セス・マクファーレン『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
ニコラス・ケイジ『Left Behind』
【予想】アダム・サンドラーを含めて、なかなかの好メンバーが揃った。知名度のあるセス・マクファーレンが有利か。

<最低女優賞>
ガイア・ワイス『ザ・ヘラクレス』
シャーリーズ・セロン『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
キャメロン・ディアス『The Other Woman』『Sex Tape』
ドリュー・バリモア『子連れじゃダメかしら?』
メリッサ・マッカーシー『Tammy』
【予想】結婚の影響もあり、2作ノミネートのキャメロン・ディアスだろうか。
<最低助演男優賞>
アーノルド・シュワルツェネッガー『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』
キーファー・サザーランド『ポンペイ』
ケルシー・グラマー『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』『トランスフォーマー/ロストエイジ』
シャキール・オニール『子連れじゃダメかしら?』
メル・ギブソン『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』
【予想】『エクスペンダブルズ3』勢が有力か。となるかメル・ギブソンだろうか。

<最低助演女優賞>
キャメロン・ディアス『ANNIE/アニー』
スーザン・サランドン『Tammy』
ニコラ・ペルツ『トランスフォーマー/ロストエイジ』
ブリジット・キャメロン『Kirk Cameron's Saving Christmas』
ミーガン・フォックス『ミュータント・タートルズ』
【予想】ミーガン・フォックスも捨てがたいが、キャメロン・ディアスの二冠の可能性に期待したいところ。

<最低リメイク、パクリ、続編映画賞>
『ANNIE/アニー』
『Atlas Shrugged: Part III』
『ザ・ヘラクレス』
『トランスフォーマー/ロストエイジ』
『ミュータント・タートルズ』
【予想】『トランスフォーマー/ロストエイジ』の三冠に期待。

<最低脚本賞>
『Kirk Cameron's Saving Christmas』
『Left Behind』
『Sex Tape』
『トランスフォーマー/ロストエイジ』
『ミュータント・タートルズ』
【予想】『トランスフォーマー/ロストエイジ』の四冠に期待。

<最低スクリーンコンボ賞>
カーク・キャメロンと彼のエゴ『Kirk Cameron's Saving Christmas』
キャメロン・ディアスとジェイソン・シーゲル『Sex Tape』
ケラン・ラッツと腹筋、胸筋、ケツ筋『ザ・ヘラクレス』
セス・マクファーレンとシャーリーズ・セロン『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
『トランスフォーマー/ロストエイジ』のロボット、俳優同士
【予想】『トランスフォーマー/ロストエイジ』に期待が高まるが、この辺りでカーク・キャメロンと彼のエゴ『Kirk Cameron's Saving Christmas』が受賞するか。

【名誉挽回賞】
キアヌ・リーヴス(『John Wick』)
クリステン・スチュワート(『Camp X-Ray』)
ジェニファー・アニストン(『Cake』)
ベン・アフレック(『ゴーン・ガール』)
マイク・マイヤーズ(『Supermensch: The Legend of Shep Gordon』)
【予想】その年にたまたま創設される新設の賞と思われる。過去にラズベリー賞常連だった者への健闘を称える賞のようだ。ベン・アフレック辺りがふさわしいか。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。