ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(1月3週目その1)

動員4位:「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE」(東映)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 OP 301スクリーン
8.6千万円半ば(86,478,200円)のオープニングを飾った。
予想はしなかったが、例年ベースだろうと思っていた。
しかし、例年よりも悪いようだ。
ライダーシリーズ同様にやや飽きられつつあるのか。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆09年「炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」トータル3.1億円
OP0.9→1.8→
☆10年「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー」トータル4.7億円
OP1.5→2.6→3.6→4.1→4.5
☆11年「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」トータル3.6億円
OP1.1→2.1→2.8→3.3→3.5
☆12年「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」トータル5.2億円
OP1.6→3.0→3.9→4.5→4.9→5.1
☆13年「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー」トータル4.3億円
OP1.4→2.5→3.2→3.7→4.1
☆14年「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ」
OP1.3→2.5→3.3→3.6→4.0
☆15年烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー」
OP0.9億円→
これらとの対比で考えると、今年の興行収入は2.8~3.1億円となる。
人気もやや落ちていると思われるので、今年の興行収入は2億円台と予想したい。
物足りない結果に終わりそうだが、それでもまだまだ続くのだろう。


動員7位:「アゲイン 28年目の甲子園」(東映)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 OP 204スクリーン
5.1千万円(51,219,300円)のオープニングを飾った。
予想はしなかったが、ヒットすることはないだろうと思っていた。
泣けるヒューマンドラマであり、恐らく良い映画とは思うが、だからといってヒットするわけではない。

以下が参考となるか。
☆10年「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」トータル6.3億円
先1.0(OP0.9)→2.8→3.8→4.6→5.2→5.5
☆11年「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」トータル6.9億円
先1.3(OP0.9)→3.2→4.3→5.0→5.4
☆15年「アゲイン 28年目の甲子園」
OP0.5億円→
これらとの対比で考えると、「アゲイン 28年目の甲子園」の興行収入は3.5~3.8億円となる。
良作として話題になる可能性はあるが、その可能性は高くはないだろう。
「アゲイン 28年目の甲子園」の興行収入は3億円台と予想したい。
通常の東映作品よりも興行収入は高くなりそうなので悪くはない結果となりそうだ。


動員10位:「神様はバリにいる」(ファントム・フィルム)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 OP 67スクリーン
4.5千万円(45,070,100円)のオープニングを飾った。
小スクリーンであり、ヒットするタイプでもなくランクインは厳しいと思ったが、かろうじてランクインした。
堤真一主演の実在の人間をモデルにしたヒューマンコメディ。

以下の作品のイメージがあり、ヒットしないと思っていた。
☆13年「俺はまだ本気出してないだけ」トータル3.2億円
OP0.7→1.8→2.5→2.9
☆15年「神様はバリにいる」
OP0.5億円→
これとの対比で考えると、「神様はバリにいる」の興行収入は2.3億円となる。
「神様はバリにいる」の興行収入は2億円台と予想したい。
小スクリーンであるので仕方のない結果だが、恐らく海外ロケをしており、元を取れるのか心配だ。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。