ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(1月5週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「エクソダス:神と王」(20世紀フォックス)
リドリー・スコット監督による歴史・聖書モノ。

リドリー・スコット監督作品の興行収入は以下の通り。
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆01年公開「ハンニバル」トータル46.0億円
☆02年公開「ブラックホーク・ダウン」トータル13.0億円
☆05年公開「キングダム・オブ・ヘブン」トータル12.5億円
OP2.6→6.2→8.7→10.4
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル不明(9億円程度か)
OP1.1→不明→6.0→祝7.6→8.2
☆10年公開「ロビン・フッド」トータル7.0億円
金1.7→3.8→4.9→5.8→6.5→6.8
☆12年公開「プロメテウス」トータル18.1億円
先7.5(OP3.0)→13.1→15.7→17.1
☆13年公開「悪の法則」トータル4.9億円
金1.4→3.3→4.3→4.7
基本的には10億円台が標準となる。
「グラディエーター」トータル15.6億円、「キングダム・オブ・ヘブン」トータル12.5億円、「ロビン・フッド」トータル7.0億円が参考となるだろう。
大ヒットするタイプではないので、「キングダム・オブ・ヘブン」トータル12.5億円、「ロビン・フッド」トータル7.0億円程度か。

以下も当然参考となるだろう。
☆14年公開「ノア 約束の舟」トータル13.8億円
金3.3→8.2→10.8→12.3→13.0
これを下回るだろう。
13億円以下、7億円以上というところか。
製作費1億4千万ドルの本作であるが、アメリカでは現在65百万ドルとコケており、過度な期待はできない。
「エクソダス:神と王」の興行収入は8億円台と予想したい。
金曜日からのオープニング3日は2.0億円程度か。


◎「ジョーカー・ゲーム」(東宝)
スパイモノのサスペンス小説原作作品。
亀梨和也、深田恭子、伊勢谷友介が出演している。
ドラマの映画化でもなく大ヒットするようなタイプの作品ではなさそうだが、ある程度は稼ぐだろう。

参考作品は以下のとおり。
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」トータル36.5億円
祝3日5.7→11.9→18.5→23.1→28.2→31.1
☆10年「ゴールデンスランバー」トータル11.5億円
OP2.0→05.0→07.6→09.0→10.0→10.6
☆11年「アンダルシア 女神の報復」トータル18.8億円
OP2.6→7.5→10.8→13.5→15.3→16.4
☆13年「プラチナデータ」トータル26.4億円
OP4.0→11.2→16.8→20.7→22.8→24.2
☆13年「藁の楯」トータル18.3億円
OP1.9→9.6→11.8→13.7→15.9→17.2
「プラチナデータ」のような大ヒットを狙いたいところだが、「ゴールデンスランバー」辺りがライバルではないか。
亀梨和也の映画実績がドラマの映画化の「映画 妖怪人間ベム」や小規模公開の「俺俺」なので未知数だが、そこまで高い集客力があるとも思えない。
6億円以上、12億円以下というところではないか。
ストーリーが面白いことを期待して、比較的高めに考えて、「ジョーカー・ゲーム」の興行収入は10億円台と予想したい。
オープニングは1.6億円程度か。


◎「マエストロ!」(松竹・アスミック)
オーケストラを描いた漫画原作作品。
松坂桃李、西田敏行、miwaが出演している。
良い意味でも悪い意味でも松竹らしいと思わせるイメージがある。
人情味がありそうなヒューマンドラマであり、音楽のシーンも良さそうと感じさせる一方で、キャストや宣伝が弱そうであり、漫画の人気がよく分からないが、総合的に考えてヒットするとは思えない。
去年公開された「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」トータル6.7億円、「銀の匙 Silver Spoon」と同程度か、やや下回る程度ではないか。
「マエストロ!」の興行収入は5億円台と予想したい。
オープニングは8千万円程度か。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。