ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(1月第5週目)

1位は6週目の「アメリカン・スナイパー」。
トータルでは249百万ドルとなっている。
製作費58.8百万ドルをあっさりと回収している。
OP~3週目まで4スクリーンで公開されていたが、4週目に3555、5週目に3705、6週目に3885スクリーンに拡大公開されている。
クリント・イーストウッド監督作品であり、戦争映画もそれほど稼げないと思われたので、公開前に『ほどほどに稼ぐ』と書いたが、想定外の大ヒットとなった。
賞レース序盤はほとんど注目されていなかったが、今後の賞レースに影響があるかもしれない。
主演はアカデミー賞にノミネートされたブラッドリー・クーパー。

クリント・イーストウッド監督作品の興行収入は以下の通り。
☆03年「ミスティック・リバー」トータル90百万ドル
拡大後14→25→34→40→46
☆04年「ミリオンダラー・ベイビー」トータル100百万ドル
拡大後22→34→45→54→65
☆06年「父親たちの星条旗」トータル34百万ドル
☆06年「硫黄島からの手紙」トータル14百万ドル
☆08年「チェンジリング」トータル36百万ドル
拡大後10→21→28→32→34
☆08年「グラン・トリノ」トータル148百万ドル
拡大後41→73→98→110→120
☆09年「インビクタス」トータル37百万ドル
OP09→16→23→31→34
☆10年「ヒアアフター」トータル33百万ドル
拡大後12→22→29→31→32
☆11年「J・エドガー」トータル37百万ドル
OP11→21→29→33→35
☆14年「ジャージー・ボーイズ」トータル47百万ドル
OP13→27→37→42→44
☆14年「アメリカン・スナイパー」
拡大後93→200→249百万ドル→
拡大公開された主要作品との対比で考えると、「アメリカン・スナイパー」の興行収入は320~376百万ドルとなる。
話題になるだろうから、どこまで伸びるか想像がつかない。

以下の作品が参考とならない。
☆13年「ローン・サバイバー」トータル125百万ドル
拡大後38→73→94→105→113
☆12年「ゼロ・ダーク・サーティ」トータル96百万ドル
拡大後30→54→70→78→84→88
☆14年「アメリカン・スナイパー」
拡大後93→200→249百万ドル→
これらとの対比で考えると、「アメリカン・スナイパー」の興行収入は331~342百万ドルとなる。
評価はかなり高いので伸びるだろう。
とりあえずは、「アメリカン・スナイパー」の興行収入は先週に引き続き3億4千万ドル台と予想したい。
クリント・イーストウッド監督が晩年にこのようなヒット作品を生むとは誰も予想しなかっただろう。


2位は3週目の「Paddington」。
トータルでは51百万ドルとなっている。
実績のないポール・キング監督によるファミリー向け作品。
公開前に『ほどほどに稼ぐ』と書いたとおりとなりそうだ。

以下の作品が参考となるか。
☆07年「アルビン/歌うシマリス3兄弟」トータル217百万ドル
OP44→84→141→176→188→196
☆09年「アルビン2 シマリス3兄弟vs.3姉妹」トータル220百万ドル
先76→156→178→193→204
☆11年「アルビン3 シマリスたちの大冒険」トータル133百万ドル
OP23→56→98→112→119
☆11年「スマーフ」トータル142百万ドル
OP36→76→102→118→126→132
☆13年「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」トータル70百万ドル
先27→46→57→63→66→68→69
☆15年「Paddington」
OP19→40→51百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「Paddington」の興行収入は63~78百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、粘りそうだ。
「Paddington」の興行収入は先週に引き続き9千万ドル台と予想したい。
ビッグヒットではないが、ファミリー作品らしく手堅く稼ぎそうだ。


3位となったのは新作の「Project Almanac」。
事前には週末3日間で16百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る8.5百万ドルのオープニングを飾った。
製作費12百万ドルなので、コケても問題はなさそうだ。
公開前に『微妙な気がする。ヒットはしないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
タイムトラベルを題材にしたファウンドフッテージ風のSF作品。
マイケル・ベイがプロデューサーに名を連ねている。

「パラノーマル・アクティビティ」で流行ったファウンドフッテージ。
コメディや冒険モノなどの趣向を凝らした作品が登場したが、そろそろ飽きられつつあるようだ。
☆12年「Project X」トータル55百万ドル
OP21→40→48→52
☆14年「Earth to Echo」トータル39百万ドル
OP14→25→32→36
☆15年「Project Almanac」
OP09百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Project Almanac」の興行収入は24~25百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度なので、伸びはないだろう。
「Project Almanac」の興行収入は2千万ドル台と予想したい。
製作費が安く、チャレンジングな作品であろうため、ビジネス的には問題ない。
製作費は回収できる見込みがあり、当たれば大きいので、リスクは少ない。


4位となったのは新作の「Black or White」。
事前には週末3日間で6百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや上回る6.5百万ドルのオープニングを飾った。
公開前に『微妙な気がする。ヒットはしないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
ケヴィン・コスナー主演のヒューマンドラマ作品。
監督は、07年「再会の街で」(トータル20百万ドル)など実績があるがヒット実績のないマイク・バインダー。

以下の作品でマイク・バインダーとケヴィン・コスナーはタッグを組んでいる。
☆05年「ママが泣いた日」トータル19百万ドル
4週目拡大09→12→15→17
☆15年「Black or White」
OP06百万ドル→
評価はそれほど悪くはない程度であり、伸びはないだろう。
これと同程度だろうか。
「Black or White」の興行収入は1千万ドル台と予想したい。
監督の実績がないので、もともと期待されていた作品ではないのだろう。


5位は2週目の「The Boy Next Door」。
トータルでは25百万ドルとなっている。
製作費4百万ドルは楽に回収している。
ジェニファー・ロペス主演のサスペンス作品。
ギャラはいくらで出演したのだろうか。
監督は01年「ワイルド・スピード」のロブ・コーエン。
公開前に『ほどほど稼ぐだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

ジェニファー・ロペス主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆02年「イナフ」トータル40百万ドル
OP14→27→34→37
☆02年「メイド・イン・マンハッタン」トータル94百万ドル
OP19→35→57→76
☆05年「ウエディング宣言」トータル83百万ドル
OP23→44→60→71
☆10年「カレには言えない私のケイカク」トータル37百万ドル
OP12→23→30→34
☆15年「The Boy Next Door」
OP15→25百万ドル→
ジェニファー・ロペスにとって久々の主演作品となる。
主要作品との対比で考えると、「The Boy Next Door」の興行収入は37~47百万ドルとなる。
評価は良くないので、伸びないだろう。
「The Boy Next Door」の興行収入は先週に引き続き4千万ドル台と予想したい。
評価は良くなくても、この製作費でこれだけ稼げれば、ジェニファー・ロペスの需要はまだまだあるといえそうだ。


6位は3週目の「The Wedding Ringer」。
トータルでは48百万ドルとなっている。
製作費23百万ドルは楽に回収している。
公開前に『イマイチな結果となるか』と書いたが、悪くはない結果となりそうだ。
監督は実績のないジェレミー・ガレリック。
ケヴィン・ハート主演のコメディ作品。

ケヴィン・ハート出演したコメディ作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「Think Like a Man」トータル92百万ドル
OP34→60→73→82→86→88
☆14年「Ride Along」トータル134百万ドル
OP42→76→93→105→116→123→127
☆14年「Think Like a Man Too」トータル65百万ドル
OP29→48→57→62→64→65→65
☆14年「About Last Night」トータル49百万ドル
OP26→38→44→47→48→48→48
☆15年「The Wedding Ringer」
OP21→39→48百万ドル→
これらとの対比で考えると、「The Wedding Ringer」の興行収入は53~69百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度なので、少しは伸びるだろう。
「The Wedding Ringer」の興行収入は先週に引き続き5千万ドル台と予想したい。
製作費の倍を稼げれば十分すぎるだろう。


8位は4週目の「96時間/レクイエム」。
トータルでは81百万ドルとなっている。
製作費48百万ドルの回収は楽に終わった。
監督は前作に引き続きオリヴィエ・メガトン。
主演はもちろんリーアム・ニーソン。
公開前に『飽きられることはなく、前作を超えるヒットとなるのではないか』と書いたとおりにはなりそうもない。

シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆09年「96時間」トータル145百万ドル
OP25→54→78→95→108→118
☆12年「96時間/リベンジ」トータル140百万ドル
OP50→86→106→117→126→131
☆15年「96時間/レクイエム」
OP39→64→76→81百万ドル→
前作との対比で考えると、「96時間/レクイエム」の興行収入は97百万ドルとなる。
この程度だろうか。

リーアム・ニーソン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「特攻野郎Aチーム THE MOVIE 」トータル77百万ドル
OP26→50→63→69→74→75
☆11年「アンノウン」トータル64百万ドル
OP22→43→53→58→61
☆12年「The Grey 凍える太陽」トータル52百万ドル
OP20→35→43→48→50
☆14年「フライト・ゲーム」トータル92百万ドル
OP29→53→69→79→85→88
☆15年「96時間/レクイエム」
OP39→64→76→81百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「96時間/レクイエム」の興行収入は88~94百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、高い伸びは予想以上になさそうだ。
「96時間/レクイエム」の興行収入はOP時に1億1千万ドル台と予想したが、先週に引き続き9千万ドル台と予想したい。
前作を超えることはなさそうだ。
だいぶ稼いだので、そろそろシリーズを終わりにした方がいいだろう。


9位は2週目の「Strange Magic」。
トータルでは10百万ドルとなっている。
ジョージ・ルーカスがプロデュースしたアニメ作品。
公開前に『ほどほど稼ぐだろう』と書いたとおりとなりそうもなく、大コケしそうだ。

ジョージ・ルーカスがプロデュースした作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「レッド・テイルズ」トータル50百万ドル
OP19→34→41→45
☆15年「Strange Magic」
OP06→10百万ドル→
これとの対比で考えると、「Strange Magic」の興行収入は15百万ドルとなる。
評価は普通なので、伸びないだろう。
「Strange Magic」の興行収入は先週に引き続き1千万ドル台と予想したい。
ジョージ・ルーカスの名前ではもはや稼げないのではないか。


10位となったのは新作の「The Loft」。
事前には週末3日間で2.7百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや上回る2.9百万ドルのオープニングを飾った。
公開前に『微妙な気がする。ヒットはしないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

ベルギーのサスペンス映画のリメイク作品。
監督はオリジナルや03年「ザ・ヒットマン」を手掛けたエリク・ヴァン・ローイ。
カール・アーバン、ジェームズ・マースデンが出演している。
評価は高いが、集客力のある題材・キャスティングではない。
「The Loft」の興行収入は1千万ドル以下と予想したい。
「ドラゴン・タトゥーの女」はヒットしたが、「ぼくのエリ 200歳の少女」のリメイクの10年「モールス」(トータル12百万ドル)、13年「オールド・ボーイ」など、リメイクモノはヒットしにくい傾向がある。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆アニメ作品「The SpongeBob Movie: Sponge Out of Water」
☆ファンタジー作品「Seventh Son」
☆ウォシャウスキー監督のSF「ジュピター」
「The SpongeBob Movie: Sponge Out of Water」「Seventh Son」はそこそこ稼ぐだろう。
「ジュピター」はコケるだろう。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。