ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Snowdome/木村カエラ」レビュー 【音楽】

◆評価 8.0点

木村カエラの曲はいままでにフルコーラスではほとんど聴いたことがなかったのだが、ふとテレビでこの曲を耳にして「なかなか良いかも」と思い、レンタルしてみた。

よくよく聴くと、シンプル曲、直球な歌詞がかなり心に響く曲となっている。
木村カエラの特徴のある伸びのある声もこのシンプルなバラードにとてもマッチしている。

曲のイメージとしては、
美しい景色がいつまでも忘れられないのと同じように、別れた恋人のことがいつまでも忘れられない寂しさを歌い上げている。

寂しさに耐えられなくなったときに、昔恋人と見た美しい景色を訪れて、寂しさを紛らわすという苦しみが感じられるようになっている。
かつて恋人と一緒に行ったところに、再び一人で行ったときに、その人がそこにいるのではないかという思いをした人も多いのではないか。
そういう気持ちをストレートに歌詞にしている。

曲はBeatCrusadersが提供したもの。
シンプルな歌詞にシンプルなギターのサウンドが非常にマッチしており、曲もかなりよいと思う。
途中でアコースティックギターを中心にしたサウンドにチェンジする仕掛けも、テーマが心に響くようにさせている。

曲中に出てくる二回の「どこかで会えるかな」の歌い方を変えているのも面白い趣向だ。

結構いい曲だと思うが、あまりテレビやCMなどで耳にしないのが残念だ。
木村カエラのイメージを変えて、さらに幅を広げるためにも、もっと世間に聞かせた方が戦略的にはよかっただろう。

ジャケットは、説明するのが難しい感じの、なかなか奇をてらったようになっている。
しかし、この曲は、美しい景色をテーマにしているので、「美しい雪景色」をジャケットに使った方がこの曲には良かった気がする。
雪山や森もちょびっと描かれているが。


もう一曲の方の「Ground Control」は、全編英語歌詞となっているノリのよい曲。
こちらはいつもの木村カエラらしいが、右から左に流れていくような曲だ。
頭の中で噛み締めるような深みはまるでない。決して悪い曲ではないが。
スポンサーサイト

テーマ:邦楽CDレビュー - ジャンル:音楽

コメント

Snowdomeをたまたま見つけて聴いてみてストレートな歌詞がビンビン響きました
良い曲ですね

  • 2014/07/14(月) 15:35:15 |
  • URL |
  • ユウぱぱ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/77-b161004f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。