FC2ブログ

ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年7月クールドラマ視聴率結果(木曜日第七話)

順位  タイトル     初回  最新話 前話との対比 平均(放送前予想)
1位:「コード・ブルー」  21.2%  10.8%(▽4.8%)  15.5%(16.0%)
2位:「太陽と海の教室」20.5%  10.7%(▽2.0%)  14.6%(17.5%)
3位:「TOMORROW」 16.8%  10.5%(▲0.2%)  12.6%(09.5%)
4位:「シバトラ」     13.0%  09.6%(▽2.1%)  12.3%(13.0%)
5位:「ヤスコとケンジ」 12.3%  10.6%(▽2.3%)  12.0%(09.5%)
6位:「モンスターペア」 14.2%  08.7%(▽2.5%)  12.0%(09.0%)
7位;「魔王」       14.0%  07.6%(▽3.3%)  10.7%(11.5%)
8位:「正義の味方」   13.2%  09.1%(▽2.5%)  10.4%(10.5%)
9位:「33分探偵」   12.2%  08.1%(▽4.1%)  10.2%(12.5%)
10位:「四つの嘘」    11.8%  10.8%(▲1.6%)  09.8%(08.5%)
11位:「打撃天使ルリ」 10.0%  05.3%(▽2.1%)  07.6%(07.5%)
12位:「ロト6で3億」  12.4%  04.6%(▽3.4%)  07.1%(10.5%)
13位:「学校じゃ教えら」09.9%  04.7%(▽0.7%)  06.6%(09.0%)
14位:「恋空」      05.6%  05.9%(▲0.3%)  05.8%(09.0%)

1位:「コード・ブルー」 平均15.50%(放送前予想平均16.0%)
初回21.2→16.0→16.0→13.2→15.7→15.6→10.8%→
【七話目を踏まえた平均視聴率予想】 15.5%~16.5%(±0.0%~±0.0%)
信じられないほど大きく下落した。
オリンピック+お盆時期という特殊要因によるものだろう。
ただ、安定度には違うがあるものの、
「太陽と海の教師」初回20.5%→最新10.7%
「コード・ブルー」初回21.2%→最新10.8%となっており、
「太陽と海の教師」を責めるのならば、「コード・ブルー」も攻めないとフェアではない。
しかし、次週には恐らく15%程度に回復させるはずであり、次週の数字を待って、判断した方がいいだろう。

同枠の07年10月クール「医龍2」(平均16.6%)と似たような動きをしている。
21.0→16.8→15.5→15.8→15.0→17.6→14.1→16.6→17.6→15.4→17.7
「医龍2」対比で考えると、「コード・ブルー」の平均視聴率は15.6%となる。

山下主演の「プロポーズ大作戦」も初回視聴率が高かった作品であり、この動きも参考になる。
☆07年4月クール「プロポーズ大作戦」(平均17.3%)
19.3→17.1→13.4(GW)→16.4→16.9→17.4→14.6→19.1→18.1→17.2→20.9
対比で考えると、「コード・ブルー」の平均視聴率は16.3%となる。
これがマックスラインだろうか。
平均15%後半~平均16%前半が「コード・ブルー」の落ち着きどころと思われる。
七話目を踏まえた平均視聴率予想としては先週の15.5%~16.5%のままにしておきたい。
七話目までのポイント数は、「コード・ブルー」が108.5ポイントに対して、「医龍2」115.8ポイント、「プロポーズ大作戦」115.1ポイントとなっており、差がやや開きつつある。

近年の医療系ドラマは以下の通り。
07年10月クール「医龍2」平均16.6%
07年1月クール「きらきら研修医」<TBS>平均9.3%
06年10月クール「Dr.コトー診療所2006」平均22.1%
06年4月クール「医龍」平均14.8%
06年1月クール「Ns'あおい」平均14.2%
05年1月クール「救命病棟24時」平均19.1%
04年10月クール「ナースマンがゆく」<NTV>平均9.7%
03年10月・04年1月クール「白い巨塔」平均23.7%
03年7月クール「Dr.コトー診療所」平均18.9%
03年4月クール「ブラックジャックによろしく」<TBS>平均14.1%
「医龍2」平均16.6%が目標となるが、追いつくのは厳しそう。
どんなに悪くとも、「医龍1」平均14.8%は超えたいところだ。
初回の数字をみたときは、「救命病棟24時-第3シリーズ-」平均19.1%(初回21.4%)、「Dr.コトー診療所」平均18.9%(初回19.6%)を相手にできるかと思ったが、無理。
「救命病棟24時」の最低視聴率は17.3%となっており、ライバルとはいえない存在だ。
☆「救命病棟24時」平均19.1%
21.4→19.0→19.7→18.4→18.9→19.9→18.8→17.3→17.7→18.4→20.6

山下智久主演ドラマは以下の通り。
07年4月クール「プロポーズ大作戦」平均17.3%
06年4月クール「クロサギ」平均15.7%
新垣結衣主演ドラマは以下の通り。
07年7月クール「パパとムスメの7日間」平均13.9%
戸田恵梨香主演ドラマは以下の通り。
07年4月クール「ライアーゲーム」平均11.4%
「プロポーズ大作戦」平均17.3%を超えることができるかが注目だったが、「クロサギ」といい勝負になる恐れもでてきた。
☆06年4月クール「クロサギ」平均15.7%
18.8→16.9→16.0→16.7→12.7→16.4→12.3→14.5→15.8→15.4→16.9
七話目までのポイント数は、「コード・ブルー」が108.5ポイントに対して、「クロサギ」は109.8ポイントとなっており、現時点では負けている。

<同時間帯の視聴率>
若者層はオリンピックか映画に流れたか。
小栗旬が主演していたので、意外と映画の影響もあったかもしれない。
09.0% NHK 北京オリンピック<21:01-24:00>
11.1% NTV ダウンタウンDX
19.1% TBS 北京オリンピック2008<19:54-24:29>
10.8% C X コードブルー ドクターヘリ緊急救命
09.9% E X 報道ステーション
06.6% T X 木曜洋画劇場40周年記念特別企画「キサラギ」
全体視聴率 66.5%

木曜日22時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆08年4月クール「ラスト・フレンズ」(平均17.8%)
13.9→15.9→15.6→15.9→19.9→17.2→16.0→18.8→18.0→20.7→22.8
☆08年1月クール「鹿男あをによし」(平均9.9%)
13.0→11.4→09.7→08.0→09.0→08.9→08.8→10.1→09.2→11.2
☆07年10月クール「医龍2」(平均16.6%)
21.0→16.8→15.5→15.8→15.0→17.6→14.1→16.6→17.6→15.4→17.7
☆07年7月クール「山おんな壁おんな」(平均12.1%)
14.1→13.5→12.1→12.7→11.3→11.4→11.1→11.7→12.3→11.3→
→13.0→11.1
☆07年4月クール「わたしたちの教科書」(平均11.2%)
14.2→11.3→10.7→10.4→09.0→10.1→10.2→11.0→11.9→12.1→
→10.7→12.4
☆07年1月クール「拝啓、父上様」(平均13.2%)
12.9→14.1→12.4→13.2→14.1→12.8→12.1→12.3→12.4→14.3→14.5
☆06年10月クール「Dr.コトー診療所2006」(平均22.1%)
23.2→21.5→21.6→22.3→21.9→19.1→21.1→21.8→22.0→23.0→25.9
☆06年7月クール「不信のとき」(平均12.9%)
14.0→13.5→12.5→12.5→11.5→10.3→11.5→12.9→12.2→15.5→
→13.7→14.8
☆06年4月クール「医龍」(平均14.8%)
14.1→14.1→14.1→14.7→14.8→15.1→12.7→16.6→13.8→15.1→17.2
☆06年1月クール「小早川伸木の恋」(平均11.5%)
13.9→11.8→10.2→09.4→09.9→11.4→13.0→10.7→11.0→12.9→11.8
「コード・ブルー」の七話目視聴率10.8%は、11ドラマ中9位となっている。
先週4位だったが、急降下してしまった。
特殊要因のため、これは仕方のない結果だろう。

平均視聴率争いでは、「ラスト・フレンズ」「Dr.コトー診療所2006」には勝つことはできず、「医龍2」(平均16.6%)との争いになるだろう。
医療系のライバルとしても、同枠のライバルとしても、「医龍2」(平均16.6%)、「医龍」(平均14.8%)を倒したいところだ。

初回が高かった同枠ドラマ対比で考えると以下の通りとなる。
「鹿男あをによし」対比では、「コード・ブルー」の平均視聴率は15.6%。
「山おんな壁おんな」対比では、「コード・ブルー」の平均視聴率は15.2%。
「わたしたちの教科書」対比では、「コード・ブルー」の平均視聴率は16.0%。
粘れば平均16.0%、普通だと平均15.6%、落ち込むと平均15.2%ということとなる。
平均15%後半が落ち着きどころだろうか。


10位:「四つの嘘」 平均09.80%(放送前予想平均08.5%)
初回11.8→10.6→8.3→8.1→9.2→10.8%→
【六話目を踏まえた平均視聴率予想】 9.0%~9.5%(±0.0%~±0.0%)
オリンピック+お盆時期に関わらず、自身2番目に高い視聴率をマークした。
スポーツに興味のない層が流れてきたのだろうか。
四話目を境にして、V字型上昇をみせており、今後も二桁をキープできるかどうかが注目。
派手さはないので、数字が低いのは仕方なく、この程度の安定度ならば合格ではないか。
主演の永作博美、寺島しのぶは名優だが、視聴率を取れる女優というわけではないのは最初から分かっていたはず。

脚本家の大石静が手掛けた視聴率は以下のとおり。
☆07年10月クール「暴れん坊ママ」平均12.4%
15.3→14.2→11.8→11.6→11.7→11.1→11.9→11.0→10.9→14.2
☆03年4月クール「あなたの人生お運びします!」平均8.0%
13.3→08.1→07.7→06.7→06.4→07.6→07.1→07.5→05.0→09.1→09.1
☆02年4月クール「First Love」平均10.2%
11.0→10.4→10.6→10.2→11.1→10.1→10.1→08.3→10.1→09.9→10.4
☆01年10月クール「ハンドク!!!」平均12.6%
15.7→13.4→11.9→11.8→12.5→12.4→12.5→11.1→12.0→12.6
99年4月クール「アフリカの夜」平均11.2%
12.4→12.5→12.1→12.0→09.8→10.0→12.0→10.6→10.4→08.5→13.4
対比で考えると、「四つの嘘」の平均視聴率は9.6%・9.4%・9.5%・9.5%・9.6%となる。
キレイに9%半ばの数字が並んでおり、9%半ばが「四つの嘘」の平均視聴率の落ち着きどころと考えられる。
六話目を踏まえた平均視聴率予想としては、先週の平均9.0%~9.5%のままにしておきたい。

<同時間帯の視聴率>
オリンピックに興味のない年配・主婦層が流れたと考えられる。
09.0% NHK 北京オリンピック<21:01-24:00>
13.9% NTV カミングアウトバラエティ秘密のケンミンSHOW
19.1% TBS 北京オリンピック2008<19:54-24:29>
07.6% C X 北京オリンピック2008<18:30-21:54>
10.8% E X 四つの嘘
06.6% T X 木曜洋画劇場40周年記念特別企画「キサラギ」
全体視聴率 67.0%

木曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆08年4月クール「7人の女弁護士」(平均11.1%)
10.1→11.0→10.7→10.7→11.2→10.5→10.2→11.4→11.6→11.7→11.5
☆08年1月クール「交渉人~THE NEGOTIATOR~」(平均13.4%)
16.7→13.8→14.1→13.2→14.0→12.7→09.6→13.2
☆07年10月クール「おいしいごはん」(平均9.0%)
13.0→11.7→09.3→07.7→06.5→08.6→06.7→08.3
☆07年7月クール「菊次郎とさき」(平均9.3%)
10.9→08.4→09.5→09.8→09.6→09.6→08.6→08.9→08.7→08.8→09.0
☆07年4月クール「ホテリアー」(平均8.6%)
11.1→08.0→08.6→07.5→08.3→09.3→07.1→08.1→09.1
☆07年1月クール「エラいところに嫁いでしまった!」(平均12.7%)
16.1→14.8→12.7→14.1→11.3→10.8→12.2→10.3→11.7
☆06年10月クール「だめんず・うぉ~か~」(平均8.1%)
10.3→08.0→07.2→07.4→08.6→09.0→07.1→07.0
☆06年7月クール「下北サンデーズ」(平均7.3%)
11.4→08.1→06.3→07.5→06.9→07.2→05.8→06.4→06.3
☆06年4月クール「7人の女弁護士」(平均12.1%)
14.6→12.7→10.4→11.5→11.2→12.3→11.2→12.6→12.0
☆06年1月クール「けものみち」(平均14.7%)
16.4→16.2→16.1→15.5→13.3→12.9→13.4→13.6→14.5
「四つの嘘」の六話目視聴率10.8%は、11ドラマ中4位タイとなっている。
先週は7位だったが、「7人の女弁護士」(平均11.1%)「菊次郎とさき」(平均9.3%)を抜き、「エラいところに嫁いでしまった!」(平均12.7%)と並んだ。

「交渉人~THE NEGOTIATOR~」対比では、「四つの嘘」平均視聴率は9.3%となる。
「菊次郎とさき」対比では、「四つの嘘」平均視聴率は9.5%となる。
「エラいところに嫁いでしまった!」対比では、「四つの嘘」平均視聴率は9.4%となる。
「7人の女弁護士1」対比では、「四つの嘘」平均視聴率は9.8%となる。
やはり先ほど同様に、当面は平均9%半ばが落ち着きどころか。

渡哲也主演の「おいしいごはん」(平均9.0%)、シリーズモノ「菊次郎とさき」(平均9.3%)がライバルとなりそうだ。
六話目までのポイント数は、「四つの嘘」が58.8ポイントに対して、「菊次郎とさき」(平均9.3%)57.8ポイント、「おいしいごはん」(平均9.0%)56.8ポイントとなっている。
現時点では、かなりの僅差となっている。
スポンサーサイト

テーマ:★★★テレビ視聴率★★★ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

こんにちは。
予想以上に「コードブルー」の視聴率落ちましたね…。
「キサラギ」おもしろいので好きなんですが、ウチの近所では1月に公開されたばかりだったので、「もうテレビで?」って感じでした。
私はもちろん!視聴も録画も「コードブルー」にしてましたが。
次回の数字も回復するか気になります。

  • 2008/08/17(日) 12:15:49 |
  • URL |
  • 薄荷 #-
  • [ 編集 ]

薄荷さん、こんばんわ。
「コードブルー」激減の理由は、複合的なものでしょうね。
リアルタイムでオリンピックを観たり、視聴者層が帰省したり、視聴者層が被る「キサラギ」に奪われたりしたのだと思います。
確かに、もう「キサラギ」を出してくるかとやや驚きましたからね。
コードブルーの次回は動きがありそうなので、きっと上がることでしょう。

  • 2008/08/17(日) 23:59:35 |
  • URL |
  • ばったもん #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/929-c1ebb40c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。